最新登録店舗

カテゴリ:


「不妊治療レポート」無料メール講座
商品名
「不妊治療レポート」全10回無料メール講座
住所
全国メール対応
pick up!
「不妊治療レポート」全10回無料メール講座を実施中
商品詳細

当サイトでは、「不妊治療レポート」に関する無料メール講座を配信しています!

■「不妊治療レポート」全10回無料メール講座を実施中!

【当メール講座の概要】
◆生命誕生の為の環境や条件とは...。
◆なぜ妊娠しないのか?
◆母体の生理や周期、ホルモンの状態がどうなのか?
◆心と体に優しい不妊治療とは...。
◆妊娠しやすい体への体質改善とは...。
◆不妊治療に成功するには...。
◆妊娠しやすい体のセルフケア。
など、盛りだくさんの内容でお送り致します。

全10回無料メール講座のお申し込みは下記フォームよりお願い致します。

お名前    メールアドレス

         


※また、下記サイトでは、さらに詳しい不妊治療プログラムをご紹介しております。
 有料にはなりますが、ご興味があるお客様はぜひ御覧ください。

>>> 不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック
手足口病とは、手のひらや足の裏に小さな水ぶくれ、口の中に小さな口内炎がたくさんできる病気。幼児を中心に流行する急性ウイルス性感染症で、夏を中心に毎年発生がみられますが、秋や冬にも発生することがあります。

手足口病の原因の代表的なものは、ピコルナウイルス科であるコクサッキーA16あるいはエンテロ71という名前のウイルスです。

ウイルスの潜伏期間は3~7日ぐらい。発疹は、手足全体、特に肘や膝あるいは臀部周辺にもみられることもある一方、手のひらだけ、手と足だけ、手と口だけなど、いろいろなパターンがあります。最初の1~2日の間に熱が出ることもあります。水疱は3~5日ぐらいで消えてしまい、あとが残ったりすることはありません。感染経路は、経口・飛沫・接触のいずれもあり、感染力は中等度です。
ペーチェット病とは、トルコの眼科医ベーチェットが発見した病気であることから、その名前がつけられた病気です。

ベーチェット病は、原因のわからない難病の一つとされており、膝、手首、足首などにしこりを伴った紅斑ができ、目や粘膜等にも症状がでます。

ベーチェット病のほとんどの患者は、まず最初に口の中に(アフタと呼ばれる)潰瘍ができるといいます。この潰瘍は10日もすれば回復するのですが、再発し回復し、また再発するといった症状を繰り返します。

ベーチェット病が目にあらわれると、虹彩炎やブドウ膜炎などが生じます。目に強い痛みを覚え、眼底出血、視力低下、黒目の部分に膿がたまる等の症状があり、失明に至る危険もあります。

ベーチェット病は、肛門や外陰部に潰瘍ができることもあり、触れると激痛を伴います。この場合は、性病と間違えられることもあります。